NEWS

3月21日は日本手ぬぐいの日

春分の日を迎える季節より手ぬぐいの生産や需要が高まります。
伝統産業の発展と物を大切にすることにもつながる手ぬぐい文化の継承も願い、3月21日は「日本手ぬぐいの日」と制定しました。

多くの皆様に3月21日は「日本手ぬぐいの日」として手ぬぐいに親しんで自由に活用いただけることを願っております。

今年は、工場にてイベントを開催予定でしたがコロナウイルスによる影響で延期の運びとなっています。またどこかの機会に開催できるように準備してまいります。
今回は、日本手ぬぐいの日をテーマにしたデザインをご紹介します。

手ぬぐいは、字のごとく手で水や汗を拭うという使い方があります。たっぷりと汗をかくスポーツにも速乾性があり薄手でかさばらない手ぬぐいはとっても便利。
2020年版はオリンピックイヤーにちなんで、マラソンをしている昔の人たちを描いています。2020年の年号が入った限定デザインです。

昔はあたり前のように体を洗うことにも使われていた手ぬぐい。使い込むほどに生地は柔らかくなり、ふんわりと優しくなっていきます。
2018年版は手ぬぐいで体を隠しほのかに頬を赤く染めた女の子、2019年版は背中を流している男性を、江戸時代の銭湯風景をイメージして描きました。
文字にもこだわった、ポスターのようなすっきりとしたデザインで、2枚並べると2人の目が合っているようにも見え、セットで飾るのもおすすめです。

「日本手ぬぐいの日」制定を記念して、手ぬぐいを注染で染め上げたものです。
それぞれの数字に意味があり、「3」縁起の良い白ヘビ、「2」は優雅な白鳥、「1」は遠くを見据えているミーアキャットというようにかわいい動物で表現されているユニークな手ぬぐいです。
デザインは至ってシンプルに仕上げ、昔ながらの手ぬぐいのように中央にモチーフを配置し、赤・紺の定番でよく使われる色で染めました。



これらの手ぬぐいはすべて約100cmでのカット仕上げをしています。
通常、80~90cmで仕上げることが多いのですが、「日本手ぬぐいの日」と同じく手ぬぐいに親しんでいただける手ぬぐい体操の普及活動をおこなう取り組みのため体操をしやすい長さにしました。

◆手ぬぐい体操はこちら→https://youtu.be/ogzcHjW3g9Y

【321特別企画縫わないマスクキャンペーン】も継続中です。
防災にも役立つ縫わないマスク、ご家族やお友達にも広めていただき、みなさんでお試しくださいね。
◆詳細はこちら→https://nijiyura.net/news/5e60817c823e7c397826d234

【Instagramキャンペーン】
*キャンペーンは3月31日に終了致しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
お気に入りの手ぬぐいやお使いのシーンをInstagramで投稿する際に「#3月21日は日本手ぬぐいの日_2020」とハッシュタグをつけて3月21日の日本手ぬぐいの日を一緒に盛り上げてください。
投稿して下さった方には抽選でにじゆらの手ぬぐいをプレゼントいたします。皆さまぜひご参加ください。

◆キャンペーン概要
キャンペーン投稿期間:2020年3月31日(火)まで
応募方法:「#3月21日は日本手ぬぐいの日_2020」とハッシュタグをつけてお気に入りの手ぬぐいやお使いのシーンをInstagramに投稿(数字や記号は半角でお願いします)
当選発表:日本手ぬぐいの日Instagramにてお知らせ

またInstagramでは#(ハッシュタグ)のフォロー機能がありますので、「#にじゆら」や「#3月21日は日本手ぬぐいの日」もぜひフォローして下さいませ。
素敵な写真がいっぱいです。みなさまの投稿お待ちしております!