NEWS

3月21日は日本手ぬぐいの日!

肌寒い日が続きますが、春も時折感じつつ新芽も出始めてきますね。
そんな季節の変わり目にある記念日といえば、「日本手ぬぐいの日」です。
2016年に、にじゆらの母体でもある染工場ナカニが制定した日です。
どうして、この日??なのでしょうか。
それは、春分の日あたりから手ぬぐいの生産需要が一気に高まってきます。その需要の高まりとともに、手ぬぐいがもっと皆さんの生活に根付いて暮らしに役立つ布であって欲しいという願いを込めています。そして、手ぬぐい文化を継承していきたい願いもあります。

にじゆらを知ってくださっている皆様は、手ぬぐいの良さを楽しんでくださっているとっても心強い仲間です!
3月21日は「日本手ぬぐいの日!」を是非とも楽しんでください。

さてその日に向けて、特別な福袋の登場です。
にじゆらの母体であるナカニ染工場から生まれる手ぬぐいを様々に組み合わせて10枚セットにした福袋です。その中には、にじゆらで生産終了となりました手ぬぐいや「もういっこの手ぬぐい」、その他のものなど注染やプリントを組み合わせています。また染め難や色焼け、織りキズなど商品としてお届けできなかったものとなります。手ぬぐいのサイズや織り方もさまざまです。

どんな手ぬぐいが届くかもワクワク楽しんでいただけるオンラインショップの福袋!普段使ってる使い方以外にもいろいろ楽しんでください。皆様の使い方次第で活躍してくれることを願ってます。

実店舗でも12日から販売スタートです。各店の店舗限定手ぬぐいも入ってる場合がありますので、ご無理のない範囲でご来店をお待ちしております。

そして、手ぬぐいの方は今年のデザインが染め上がりました。
今年はウェブイベントとリンクさせ、落語をテーマにしたデザインです。落語の小道具として使われる手ぬぐい。お噺によって様々なものに変化します。
今回はその中からキセル袋に、焼き芋、手紙を読む、狐が化ける。といった4タイプのご紹介です。どれも落語家さんたちの手にかかると、まるでそこにあるかのように見えてくるのが不思議で面白いですよね。

3月21日(日)の桂吉弥さんによる落語も楽しみです!
当日はどんなお噺をしてくれるのでしょうか⁉︎
そして、落語の前のインスタライブによる工場見学では、こちらの手ぬぐいを桂吉弥さんに染体験をしてもらいます。またその染めはご本人考案による限定色となりますのでお楽しみに。

【日本手ぬぐいの日Webイベント】
開催日:2021年3月21日(日)
●14:00~ インスタライブ 工場見学
(注染手ぬぐいにじゆらインスタグラムアカウント @nijiyura_tenugui :https://instagram.com/nijiyura_tenugui?igshid=solchmsvxqx7

●15:00~ You Tubeライブ 桂吉弥さんによる落語
(注染手ぬぐいにじゆらYou Tubeチャンネル:https://youtu.be/zi1d6jEk5to


★すでにアカウントをお持ちの方は、事前にインスタグラムは「アカウントをフォローの上お知らせ受け取る設定」を、You Tubeは「チャンネル登録をしていただきリマインダー設定」をしていただくとスムーズにご覧いただけます。アカウントのない方も当日までに準備していただければご覧いただけます。どうぞよろしくお願い致します!

現在、工場ではこの日に向けてイベント準備を進めています。
工場見学に、手ぬぐいとの関わりの深い落語のライブなど生配信ならではの、ドキドキも感じながら見ていただきたいと思っていますので、当日をどうぞお楽しみに!

実店舗でも一部、ワークショップやイベント出店などがあります。詳しい情報はインスタなどでお伝えしていきますのでどうぞよろしくお願いします。

「3月21日は日本手ぬぐいの日」インスタグラム:https://instagram.com/nihontenuguinohi321?igshid=jsbyfvyqi3km
オフィシャルHP:https://nijiyura.com/news/news_category/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%89%8b%e3%81%ac%e3%81%90%e3%81%84%e3%81%ae%e6%97%a5/