NEWS

【期間限定】にじゆらは大阪堺の染色工場

先週の16日よりスタートしてます企画の第2弾のはじまりです。
後半お届けするのは、生活スタイルによってはなくてはならない乗り物、自転車をモチーフにしたシマノ自転車博物館さんの手ぬぐいと、関西方面の特に車を乗る方には馴染みの深い阪神高速道路をモチーフにした阪神高速サービスさんとのコラボ手ぬぐいです。

シマノ自転車博物館さんは、大阪の堺東にある自転車専門の博物館です。子どもから大人まで、身近な移動の道具である自転車。 そんな自転車の誕生から現代までの歴史、誰もが安全で快適に乗るための緻密なテクノロジー、これからの私たちの生活をいい循環へと導いてくれる乗り物であることを、迫力ある大空間で楽しめる博物館です。
今年の3月に大仙公園から移転してリニューアルオープンされ、そのタイミングで博物館オリジナルの手ぬぐいをデザイン提案からお手伝いさせていただきました。

図案を進めていた時期は、まだ大仙公園に博物館はありました。その中を見学させていただくと、昔の映画やドラマで見るようなレトロでクラシックな自転車がいっぱい!どれも素晴らしくカッコよく、かわいいのです。自転車ができたころの大きなものは、どうやって乗るの!?と思うものばかり。もう芸術品に近い印象でした。
そして、時代の流れに沿って展示品を見ていくと自転車の変化も楽しめ、徐々に私たちに馴染みのある自転車へとつながり、とても見ごたえがあります。改めて自転車って夢のある乗り物だなーと感じさせてくれる時間でした。

今回3柄の手ぬぐいを作らせていただき、その中の1つが「クラシック自転車」です。展示物を拝見していくと自転車の歴史を手ぬぐいで表現したいと思い、実現しました。まるで昔の古書の図鑑を眺めているかのような雰囲気と趣のある一枚になるよう手書きでしっかりとデザイナーが描いていきます。そして色合いも重みのある茶系でまとめてあるのですが、重すぎない。注染だからこそ、こっくりさと軽やかさのある染めにしあがり、デザイナーと職人技の連携にとっても満足のできる一枚となりました。

その他、ポスターのようなデザインで自転車産業に大きな役割をしている堺の名所やモチーフを組み込んだユニークな手ぬぐい(もちろん手ぬぐいも!)や、傘も堺で初めて作られたとされていることから、自転車と傘を組み合わせた手ぬぐいらしい総柄のものを作らせていただきました。

自転車についてのプロの方たちと一緒に作った手ぬぐいはどれもこだわり揃い。専門的なエピソードが入ると図案にグッと深みが増します。

お気に入りの手ぬぐいを見つけていただいたら、ぜひ博物館へ訪れて手ぬぐいと一緒に楽しんでください。そのまま自転車で堺観光に出かけるのも素敵なプランとなりそうです。

次にご紹介するのは阪神高速サービスさんとのコラボ手ぬぐいです。
はじめにお話をいただいたときは、あの阪神高速!?となりましたが、この手ぬぐいを作るにあたって関わる担当者さんたちと出会って、色々ヒアリングやデザイン提案の積み重ねをしていくうちに、熱意ある人たちのこだわりは、職種に関係なく何かを形にするという意味でも「ものづくり」なんだなと感じるお仕事でした。
お客様はもちろんのこと、社内の人が欲しくなるよなものを作りたいっていうお話が印象的で、こちらもいいものを届けたいと思いを一層引き締めた思い入れがあります。

高速道路は、車やバイクでないと走ることがない道ですが、高速に入るとちょっとテンションがあがりませんか。お仕事で使う人もいれば、旅をするときなど。様々な人が行き交う道なのでそれぞれのストーリーや思い出がきっとあるんだろうなと想像してしまいます。
橋梁は、大きすぎて全貌を見る機会はあまりありませんがそれぞれ個性のあるものばかりで、しかも日本一の橋などもあります。それを手ぬぐいで楽しんでもらえるデザインとなりました。
もう1つの黄パトは、おもちゃになったミニカーからデザインしたものになります。実際の車よりもフォルムに丸みがあって可愛らしい一枚になりました。

それぞれ切り口のちがう手ぬぐいにより阪神高速がより身近に感じていただける手ぬぐいとなりました。

いかがでしたでしょうか。

これで、今回全ての柄が揃いました。
第1弾の手ぬぐいの特集はこちらをご覧ください。
https://nijiyura.net/news/63205d6d23747f6e6ee52fc8

オリジナルの手ぬぐいやコラボ手ぬぐいを作るときは、ご依頼主さまと対話し、要望や気持ち、手ぬぐいにご興味いただいた理由などお聞きして提案をさせていただいてます。そこからまた対話が生まれ、何度も繰り返し提案やデザインをお伝えしていきます。
それらを経てできる手ぬぐいは、私たちブランドの手ぬぐい同様に多くの方に知ってもらいたいな。使ってもらいたいな。という気持ちになり、愛らしい一枚がどんどん増えてくる幸せなお仕事をさせていただいてます。

にじゆらが生まれたのは、注染を、工場を続けていきたいから。
それは、今回のようなオリジナルの手ぬぐいを作ってくださる方もいることで続けていくことができています。
オリジナル手ぬぐいにご興味持ってくださる方が増えてきて嬉しいです。
最後に工場の営業を。笑
オリジナル手ぬぐいにご興味ある企業様・小売店様などはこちらのサイトにあります「お問い合わせ」よりお気軽にご連絡下さい。
https://nakani.co.jp/

今回ご紹介した手ぬぐいは、10月31日(月)までの期間限定販売となります。期間中、柄によっては終了の場合もございます。ご了承ください。
また、オンラインショップでは9月30日(金)まで送料無料キャンペーン中です。